子供の腰痛の原因|勉強・ようつう・姿勢矯正椅子が必要な理由

子供の腰痛が増えているようです

子供 腰痛 原因 腰痛椅子 おすすめ

今日、大きなランドセルを背負いながら、両手に手提げかばんをぶら下げて、信号を渡りながら下校をしている子供を見ました。

以前、腰痛の子供が増えているといったニュースを見たことがありました。

それで、その時に腰痛の子供の記事を書こうと思っていたのですが、今日改めて思い出しました。

腰痛の子供が増えている原因は重い教科書が入ったランドセルです。

学校に勉強をしに行って、その勉強に必要な教科書をランドセルに入れて運ぶことにより、腰痛になってしまうなどということは、まさに本末転倒の出来事です。


東大を卒業したけど就職できなかった

私は、この話を聞いて、知り合いの息子のことを思い出しました。

彼は、優秀な成績で東大を卒業し、有名な研究所に就職が内定していたのですが、腰痛が原因で就職ができなかったんです。

彼の場合、中学校からの成長期に、部活動に力を入れ過ぎて、椎間板ヘルニアになってしまったことが原因だったのですが、結局は手術をして何年かを棒に振ってしまい、非常勤で学校の先生になったと記憶しています。

物凄く親孝行の息子でしたが、結局は逆に親に負担をかけてしまう結果になってしまいました。


彼のケースとは、若干違うかもしれませんが、腰痛になどなってしまっては、元も子もありません。


おすすめの勉強椅子


子供に一生懸命勉強をしてもらい、成功体験を繰り返す力を身に着けて、あらゆる可能性を広げて上げたいと、親は子供に勉強椅子を買ってあげたいと思うものです。

その時、何かおすすめの勉強椅子はないものか?

少しでも勉強に有利になるのなら、少々無理をしてでも購入してあげたいと思うのが、親心だと思います。

それで、「勉強椅子 おすすめ」と、ネットの検索エンジンに入力をして、検索をするのでしょう!?

そこに出てくるのは、おすすめの勉強椅子が紹介されている候補が並ぶと思います。

しかし、今子供に大切なのは、勉強、腰痛、姿勢矯正におすすめの椅子なんですよ!!

集中力が持続する勉強椅子としては勿論のことですが、腰痛になった子供でも座れる椅子、さらには腰痛の原因となる、姿勢を矯正してくれる椅子は、そうそうあるものではありません。

アーユルチェアは、まさに勉強、腰痛防止、姿勢矯正をしてくれる椅子なんです。

最近では、物凄く妙な体制で勉強をするような椅子がありますが、あの体制で既に腰痛になってしまった子供が勉強できると思いますか?と、いうことなんです。

そういう意味だと、アーユルチェアもかなり妙な形をしているかと思います。

しかし、アーユルチェアは、勉強に必要な集中力が持続し、腰痛が出ないように防止をしてくれる、腰痛防止対策椅子でもあるんです。

それでいて、ただ座るだけで必然的に座骨を立てて座るように促してくれる座面と背もたれで、正しい姿勢が身に着く椅子なんです。

こんなに凄い椅子が、ほかにありますか?

アーユルチェアの勉強椅子としておすすめの点、腰痛防止椅子としておすすめの点、姿勢矯正椅子としてのおすすめの点は、それぞれのカテゴリーで解説をしています。

私は、同時にすべてを1日で体験してから、その凄さに気が付きました。

アーユルチェアは、1週間無料でお試しができるので、気になる方は1度お試しをしてみれば、すぐにその凄さがわかると思います。

折角、無料で試せるチャンスなのに、無駄にしてしまう手は無いと思いますよ!!

私は、無料と聞いて、まずはお試しをしてみるようにしています。

実際に試してみないことには、その情報が正しい情報かどうかが確認できないからです。

私の友人に、何事にも首を突っ込んでくる友人がいるのですが、彼は全く興味がないようなことでも、自ら取りあえずは試してみるという王道をいくような男です。


釣りの話

例えば、私が会社の釣り好きな同僚数人と釣りの話をしていれば、全く釣りなど興味がない彼がいきなりやってきて、「釣りってそんなに面白いのかよ!?」

「だったら、今度俺も行く」といった口調で、取りあえず仲間に入ろうとするんです。

その時は、カサゴ釣りの遊漁船で釣りをしたのですが、彼はそれから釣りにドハマりで、もう15年以上私たちの釣り仲間になりました。

彼は、現在社員を50名ほど抱える会社の社長として、成功しています。


ホリエモンの話

ホリエモンって、なんでもやるといった印象を持っていませんか?

ちょっと前、確かトライアスロンに挑戦をしていましたよね!?

この間は、タイかどこかで水上スキーみたいなことをやっていました。

それを見て、私は、ホリエモンも私の友人と同様に、取りあえずは何にでも首を突っ込んでくるようなタイプの人間なのではないか?と頭をよぎりました。

実際に自分の目と体で確認をして、本当かどうかを確認しているのではないかと思うんですよ。

それらを見て、私も取りあえずは興味がないことにも率先して首を突っ込んでみる努力をしているところです。

何もしないで素通りをしてしまえば、その情報が優良情報であったとしても、絶対に乗ることはできないと思うからです。

こうして、真実を見極める目というものは、養っていくものなのではないでしょうか?