やる気が出ない時|どうしてもヤル気が起きないときはあります

やる気が出ない時の対処法

やる気が出ない時の対処法 勉強椅子 おすすめ

やる気が出ない時、例えアーユルチェアに座っていたとしても、どうしてもヤル気が起きないときはあります。

そんな時は、何でもいいから簡単な作業を始めて、その事に集中すれば、気持ちが落ち着いてきます。

私の場合、朝起きた時、調子が良い時はそのままロケットスタートで、作業に集中することができます。

しかし、調子が悪い時は、中々手を動かすことができず、振り返ると午前中は結局何も進捗が無かったなどという事が、たまにはあります。

そんな時間は、無駄以外の何物でもありません。

アーユルチェアに座っているだけ未だマシなのですが、これがアーユルチェアに座っていない状態だったら、恐らく何もやる気は起きなかったと思います。

そこで私は、何もやる気が起きないような時は、ブログの更新をするようにしています。

その時に思ったことを素直にブログに書くんです。

書きたくないようなことを無理矢理書いても、決してやる気がおきるような事はありません。

その時何か疑問に思ったことなどを、言葉にしてブログに書いていくことで、段々とのめり込むことができるんです。

素直に疑問に思ったことなので、その疑問について調べていくことで、新たな疑問が湧いてきて、さらにそのことについて調べてみるといった感じです。

次から次へと疑問を解決することで、大元の疑問がやっと解明されて、「なるほど、こういうことがげんいんだったのか!?」と、そこで初めて自分の疑問が解決するんです。

ブログを書き終えた後の状態はどうなっているかというと、既にもうやる気がみなぎっている状態になっているんです。

今お話しさせてもらった例は、疑問がとても大きな問題だった場合ですが、シンプルに簡単に解決するような疑問でも、解決した時はやる気がみなぎっている状態になっているはずです。

私はこれを「暖機運転」と呼んでいるのですが、ロケットスタートできない時は、暖機運転をしてエンジンを暖めてから作業をすることで、やる気がみなぎってくるという事です。

今日は、私が複数持っている作業のどれから手を付けようか?という事で迷ってしまい、中々作業が捗りませんでした。

「どれから手を付けようか?」ということで、朝から何も進める事ができなかったんですよ!!

これってどう思います!?

無駄以外の何物でも無いという事が、よくわかると思います。

まあ、そうは言っても、「無駄以外の何物でもない」ということを頭に焼きつけるためには、1度は通過する事が必要なのかもしれません!?

1度と言わず、その事が理解できるまでは、通過する必要があるのかも!?

でも、その事に気が付いてからは、絶対に避けて通らなければいけない事だと思います。

但し、人間というのは、忘れてしまう動物なので、以前はわかっていても、ついうっかり忘れてしまうような事も多々あります。

そんな時は、再び思い出して、以前にも増して、忘れないように心掛けることで、当分の間は意識の中に残す事ができると思います。

私が今お話をしていることは、多くの人が経験をしている内容だと思います。

しかし、既にこの事を通過していった人たちにとっては、「今更何を言っているのか?」という話になりますが、その人たちが昔の体験を思い出して、その事について書けるかというと、そんな事思い出すこともできないんです。

なぜなら、このような内容は、あまりにも基本中の基本なので、思い出すきっかけが無いんですよ!!

私の場合、今日の作業でたまたまやる気が起きなくなり、その原因を追究していくうちに思い出した事に過ぎないんです。

それで、ここまで文章を書く事が出来ました。

この事は、もう何回も何回も、忘れては思い出しを繰り返している内容です。