何が分からないか解らない|勉強椅子おすすめアーユルチェアー

何が分からないか解らない

「何が分からないか解らない」という現象

何が分からないか解らない 勉強椅子 おすすめ


「何が分からないか解らない」という経験をしたことはありませんか?

それって、そもそも課題そのものを理解していないので、途中で起きた現象が理解できず、わからなくなってしまうんです。

もしくは、課題の内容は理解していても、途中で起こる現象をしっかりと理解していないことにより、わからなくなってしまいます。

どちらにしても、最初か途中でなんでそうなるのか!?がわからなくなってしまい、そのまま後続へと突き進んで行ってしまうので、「何が分からないか解らない」と言った現象に陥ってしまうんです。

いずれにしても、この現象が起こるのは、順序立てて後続の処理が発生することにより、発生するものだと思います。

シンプルに、問題→答えなどというものでは、このような現象は発生しないでしょう。

問題→答え→前の答えによる問題の答え→前の答えによる問題の答え・・・・

このように、前の問題から後続の処理が行われる場合に、「何が分からないか解らない」という現象が発生します。


なんでそのようなことが発生するのか?


それでは、何でそのような現象が発生してしまうか?なのですが、それは恐らく何かの原因で途中結果を理解することができなかったからです。

その何かですが、考えられることは以下ののような現象です。

  • 時間的な制約があって、じっくりと理解する時間が無かったから
  • 大勢で一緒にやっていて、自分以外はみんな理解していて、足を引っ張るのが嫌だったので、そのまま次へと進んでしまったから

このようなことは、自分に自信が無い場合や、時間に追われていて不安に思っている時に現れる現象なんですよ。

これを防ぐには、自分に自信を持つこと、時間に追われていても冷静に対応できるような精神力を身に付ける必要があります。


どうすれば自分に自信が持てるようになるか?


それでは、どうすれば自分に自信が持てるようになるのか?ですが、それはその人が置かれている環境により、違います。

しかし、大雑把に言うと、人よりも秀でた知識を習得するということです。

自他ともに認める知識が自分に身に付いた時、それは自信となって現れてくるでしょう。

それには、人よりも秀でた知識を習得するために、勉強することです。

その時、その意識を強く自分の中に叩き込む方法を、「精神力を鍛える方法」で解説しています。

リンク先では、子供に向けて解説をしたものなのですが、書かれている内容は大人に向けての内容でもあって、現に私がオンタイムで体験をした内容とになっています。

だから、情報的にも真新しい内容です。

昔の古い記憶から思い出しながら、書いた内容ではありません。


時間に追われていても冷静に対応できるようになるか?


時間に追われていると、焦ってしまい中々冷静には対応できなくなってしまいます。

しかし、このことは物事に集中することにより、時間のことはどこかに行ってしまうんです。

これって本当に不思議なことなのですが、集中できた時って、一切時間のことは気にならなくなってしまうんです。

このことって、物凄く重要なことだと考えていて、結果いい方向に向かい出すんです。

人って、やる前から「自分には無理だ!!」と考えてしまうのも、私はこのことが原因になっているのだと思います。

よく、「自分の可能性を自分で決めるな!!」でしたっけ!?

そのような言葉を、幾度となく耳にしたような憶えがあるのですが、この原因になっているのが、私は時間の制約によって、「自分には無理だ!!」と考えてしまうことによるものなのではないか?と思います。

だから、これを克服すれば、かなり良いところまで何事もクリアーしていけるのではないか?と、考えます。

それには、まずは集中することなのではないか?と思うわけです。

自分が普通に頑張ろうとすることなど、誰もが同じように考えて、頑張っていることなんです。

そこから抜きに出るということは、「自分には無理だ!!」を、克服する以外にありません。

それには、「アーユルチェア」で冷静になり、集中できれば、答えは自ずと出てくるはずだと思います。

だから、私は、ここまで「アーユルチェア」をオススメしています。

成功の秘訣は、「アーユルチェア」と言っても、過言では無いと思います。