立ち直る力|くじけた状態からどれだけ早く元の状態に戻れるか

くじけた状態から立ち直る力

くじけた状態から立ち直る力 勉強椅子 おすすめ

くじけた状態からどれだけ早く立ち直れるかで、人間としての真価が問われてくるのだと思います。

実は、このことは私が最も苦手なことであり、私は中々立ち直ることができません。


例えば、自分が正しいと信じて黙々と作業を継続してきたところ、途中で間違いであることに気が付いて、作業を最初からやり直さなければいけないような時です。

間違いに気が付いた時は、めげますよね!?

作業量が多ければ多いほど、めげるはずです。

そんな時は、中々さっきまでみたいに黙々と作業を継続することはできませんよね!?

私なんか、その日は恐らく仕事に戻ることはできないでしょう。

もしかしたら、翌日まで影響するかもしれません!?

或いは、その後は以前のようなスピードで、作業を続けることすらできないような状態になっているかもしれません。

今、私がお話をしていることは、事実のまんまをお話しています。


アーユルチェアーの凄さ


例えば、このサイトですが、私は以前からアーユルチェアーの良さを広めるために、サイトを運営していました。

以前、運営していたサイトは、数ページの簡単なものでしたが、無料のエリアを使って宣伝をしていたため、どうせやるなら正式なドメインでやった方が良いと思って、新たにこのサイトは作り上げたサイトです。

それで、以前からの無料サイトに新たにこちらのアドレスを載せて、本格的にその時々で思ったことを綴っているものがこのサイトです。

勿論、アーユルチェアーに座りながら作業をしています。

それで、その時々でぶち当たった問題や、こういう時はどのように考えれば、乗り越えていくことができるのか!?を検証している状態です。

今回は、作業を続けて来たところ、途中で間違いに気が付いて、そこからどのように考えれば早く元の状態に戻ることができるのか!?

私の欠点の対応策を考えながら、文章を書いている状態なんです。

そこで、例に取ったのが、このサイトの作業状態なのですが、このサイトは、中々グーグル先生にわかってもらえず、上位に表示されません。

だから、人に閲覧してもらえる機会が未だ未だ少ない状態です。

「何を言っているんだよ!!」

「結局は、アーユルチェアーを宣伝することが目的だろ!!」と思う方もいらっしゃると思います。

確かにその通りです。

しかしながら、書いていることは事実だし、アーユルチェアーが本当に凄いと思うから、人にも勧めることができるし、その都度、書く内容が次から次へと思いつくんです。

前のサイトは、簡単な数ページのサイトでしたが、その良さは多くの方に見てもらえる機会があったので、そこそこ売り上げにもつながりました。

ところが、今回のサイトは、以前のページの数倍の規模で書いているのですが、なかなか評価してもらえないようなんですよ!!

何か方向性が間違っているのかと思い、進めることが徐々に困難になってきたんです。

所謂、くじけた状態になってきたんです。

しかし、今のネット業界というのは、やっぱり宣伝しているものがあるということは、それだけ評価が厳しくなってくるので、なかなか上にはあげてもらえないのではないかと思います。

また、私がアーユルチェアーを宣伝した当初は、未だ未だ扱っているサイトも少なく、簡単に上位に出すことができたんです。

しかし、今では、何でここまで!!というくらいに、色々な方がアーユルチェアーを宣伝しています。

ということは、ライバルがたくさんいるということで、その中から抜きに出ていかなければ、上位になんか表示されるわけがないんです。

それで、私は今後作業をコンスタントに継続していくには、どのように考えればいいか?と考えた末、ライバルよりももっともっと情報量を増やしていき、抜きに出ることを目標にしました。

これで、当分の間は、このサイトの記事がくじけて書けなくなることは、当面は無くなるのではないか?と思います。

その結果、見事に閲覧者が増えて、売り上げにつながれば、それに越したことはありません。

反面、いくら更新をしても結果として現れなくても、それはそれでしょうがないことであり、また別の方法を考えてみようと思います。

一番悪いことは、いつまでもくじけた状態から立ち直ることができず、元の状態に戻れないことです。

その時は、何日も何日も手を動かすことができなくなり、進捗がばったりと止まってしまいます。

私が今、そのような反省点まで考えられるようになっているのは、恐らくアーユルチェアーのお陰なのではないか?

と思うのですが、皆さんはどう思われますか?

今回は、わかりやすいようにアーユルチェアーのサイトを例に取りましたが、私が実際に直面したくじけた内容は、もっと巨大な内容のことに直面しています。

現在その対応に半年間を費やしています。

昔の私なら、とっくに諦めて、放棄をしていたと思います。

しかし、それでは自分自身に今以上の進歩は無いと思い、やる続けています。

それも、恐らく、アーユルチェアーの影響だと思います。

アーユルチェアーを使用することで、そのように考えるようになってしまったので、別の言い方をすると、アーユルチェアーに出会わなかったら、もう少し気楽に生きてこの世を終わることができたのではないか?と思います。

でも、今はやるからには、中途半端では終われないという意識で、やり続けることの重要さを身に着けてしまいました。

だから、私は、勝ち続けるまでやり続けます。

そういう人材こそが、人から必要とされる人材なのではないか?と思えるようになりました。