良い仕事をする|おすすめ 勉強(学習)椅子 アーユルチェアー

良い仕事をする

良い仕事をするということ

良い仕事をする 勉強椅子 おすすめ


朝から仕事にのめり込むことができて、アッという間に時間が過ぎ、気が付くと終業時間を迎えている。

そんな時って、ありませんか!?

そのように仕事ができた時は、驚くように進捗が進んでいて、全く疲れていないんです。

家に帰って眠りに就く頃には、疲れ果ててすぐに深い眠りについてしまいます。

そのような時、私は「今日は良い仕事ができた」と思います。

明日もこの調子で仕事ができればいいな〜!?と思いつつ、次の日になると嘘のように全く仕事が捗らない。

この違いは何なのか!?

最初は全く見当もつきませんでした。

しかし、最近わかってきたことは、仕事が捗る日と捗らない日では何が違うのか!?ということが、わかってきたんです。


仕事が捗る日と捗らない日の違い


仕事が捗る日というのは、やる内容がわかっていて、家に居ながらにしても、早く会社に行って仕事がしたくなるという日なんですよ。

そんな日は、会社に着くや否や、仕事を始めてしまい、朝からロケットスタートが切れる日なんです。

手順がわかっているので、次から次へと効率よく仕事を進めていくことができるんです。

片や、仕事が捗らない日というのは、仕事の手順が明確になっていないから、頭の中で考えながら行うという日です。

私の場合、これが仕事が捗る日と捗らない日の違いなんです。

他の人のことはわからないので、私の場合と表現をしましたが、恐らく他の人も一緒だと思います。


やる手順の明確化


仕事というのは、やる前からスケジュール表を作り、それに基づいて手順書を作っていくと思います。

その手順が、頭の中で明確になっていればいるほど、やる意欲が湧いてきます。

完成への道のりが明らかになっているので、早く完成品が見たいという衝動に駆られます。

しかし、何日もかかって完成するような作業は、日毎に手順を明確化していかなければ、途中でやる内容を忘れてしまう恐れがあります。

人間は、忘れる動物なので、そんな手順なんか明らかにすぐに忘れます。

私が人よりも頭が悪いのかもしれませんが!?

だから、私は明日の手順を寝ている間に明確に整理するようにしています。


寝ている間に翌日の手順の明確化


なぜ、翌日の手順を寝ている間に明確化するか?ということですが、私は夜中にトイレに起きたり、鼻が詰まって目が醒めたりする時があるんです。

夜中に目が醒めてしまうと、頭目が冴えてしまい、再び寝付くということが中々できません。

そのような時は、何かを考えるのに最高の時間なんですよ!!

翌日の手順を頭の中に整理して、早く会社に行きたくなるように準備態勢を完璧にして出勤していきます。

私の場合、昼間に翌日の手順を明確化するよりも、夜中に目が醒めた時に考えた方が、本当に頭をフル回転することができるんです。

幸か不幸か、私は毎晩必ず、小便か鼻が詰まって目が醒めます。

会社では、今朝方考えたばかりの手順が鮮明に明確化されているので、何の迷いもなく、手を進めることができるような状態に整っています。


会社は進捗を上げる時間に占有


また、会社での時間は、明確化された手順で手を進めていき、どんどんと進捗を進めていくことに占有したいと思っています。

進捗というのは、物理的に進めていかなければいけないことで、私の場合、会社でしかできない作業に当たります。

かといって、会社で全く疲れずに作業に没頭すると、家では疲れ果て、すぐに深い眠りに誘われてしまうため、翌日の手順を明確化する時間が取れないんですよ。

そのような状態で、無理矢理時間を割いて、翌日の手順を明確化しようとしたところで、名案なんか生まれはしないと思います。

だから、私の場合、夜中に目が醒めた時が、手順を考えるための最高の時間なんです。

これは、睡眠時間が少なくなって、翌日への影響を心配していたのでは、実施することができないことです。


居眠りは睡眠時間とは関係ない


若い頃は、「寝る時間が少なくなって、次の日眠くて居眠りをしてしまう」と思っていましたが、実は、そうではなかったんです。

居眠りをしてしまうのは、仕事にやる気が起きないからなんです。

仕事が面白くて、やりたくてやりたくてどうしようもないような衝動に駆られると、もう居眠りとは無縁になってくるんです。

どれだけ睡眠時間が少なくても、全く仕事中に眠くなるということは無いんです。


疲れ果て眠りに就くことが理想


私は、寝る時に疲れ果ててすぐさま深い眠りに就けることで、今日の達成感を味わっています。

今日も良い仕事ができたかどうかを判断できるのが、寝る時に疲れ果てているかいないかなんです。

疲れ果てて、「今日も良い仕事ができた!」と思えることって、物凄く一生懸命生きていることが実感できるとは思いませんか!?

至福の喜びを、寝る瞬間に味わっているんです。

その喜びを少しでも多くの人に味わってもらいたいと心底思っていても、中々伝わらないのが現実です。

今、この文章を打ちながらも、そこそこ良い仕事ができた感を味わっているのですが、少しは気持ちを伝えることができたかどうかが心配です。

でも、これからも良い仕事を続けていこうと思っているので、段々と解ってくれる人も増えてくれるのではないか!?と思っています。

そのことが、私のモチベーションにも繋がっています。


きっかけはアーユルチェア


私は、これらのことを最近になって理解するようになりました。

とは言っても、もう今から7年くらい前!?の出来事です。

大人になってから、アーユルチェアを知りました。

それで、今こうして集中力やの重要さを知り、仕事のやりがいが芽生えて来て、良い仕事をするという意味について、考えることができるようになりました。

根本的にあるものは、精神力だということに辿り着き、精神力の奥の深さをリアルに追及しているところです。

どんな専門家だって、長いこと研究を続けていると、昔の知識は忘れてしまうこともあるのではないか!?と思います。

マンネリ化してしまうことだってあるでしょう!?

しかし、私の意見は、今まさに味わっている最中の出来事なんです。

未だ未だ私が思っていることは、浅い知識なのかもしれません!?

精神力というのは、本当に奥が深く、ある程度知識が身に付いたかな!?と思っても、実は障りだけだったなどということも理解しています。

恐らく、一生かけても理解し尽くしたということはないのだと思います。

中々そのことに興味を持つということは、難しいことだと思います。

でも、理解できて、新たにそれに向かって探求心が芽生えていくことこそ、私は成功への道ではないか!?と思います。

それには、まず、子供なら勉強、大人なら仕事に目的意識を持って、成功体験していくことではないかと思います。

大人にとっては仕事が勉強なのですから!!