勉強しなければならない理由|おすすめ学習椅子アーユルチェアー

勉強しなければならない理由

勉強しなければならない理由 勉強椅子 おすすめ

子供は、何で勉強をしなければならないのでしょうか?

それは、成功体験を身に付けていかなければならないからではないか!?と私は思います。

子供がこれから社会へと出て行く中で、様々な困難が待ち受けているであろうと予想できます。

その時は、誰の手も借りず、自らの力で乗り越えていかなければなりません。

その困難を乗り越えることが出来た時、それは自信に繋がり、新たな困難に立ち向かう時のパワーとなります。

勉強は、子供が最初に体験をする目の前の困難ということができます。

その困難を乗り越えて、成功体験をしていくことにより、成功体験の波に乗る事が、重要なのではないでしょうか!?

公式ページを確認すると、アーユルチェアには自律神経を整えて、心を落ち着かせる作用があります。

そのことがきっかけとなり、勉強することに前向きに取り組むことができやすくなるのではないか!?と私は思います。


精神力とは?

精神力って知っていますか?

精神力とは、「何かをやり抜こうとする意志の力」という意味です。

この世の中に生きている限り、何かにつけて精神力というものが関わってきます。

ダイエットを最後まで続けるのも精神力だし、病気を克服するのだって精神力です。

会社に就職するのも精神力だし、その会社で出世をしていくのも、居続けるのも精神力が関係しています。

お金持ちになるのだって精神力です。

結婚生活を最後まで円滑に行い、明るい家庭を築くのだって、精神力が強くなければ続けることはできません。

結婚の場合は、相手がいるので、一概に強靭な精神力を持ってしても、うまくいかない場合があるかもしれません!?

精神力とは、目の前に立ち塞がる壁を乗り越えていく力だと、私は思っています。

強靭な精神力を身に付ければ、この世の中では怖いものが無くなるというもの。

それが、精神力だと私は考えます。

就職時学歴が優先される理由

就職をする際、多くの会社は学歴を優先します。

それは、何を見ているかというと、今までにどれだけ大きな壁を乗り越えてきた実績があるか?

ということを判断しています。

学歴というのは、有名な大学になればなるほど、乗り越える壁は大きなものと判断することができます。

見知らぬ人間を選別し、できる限り優秀な人間を自社に迎えようとするならば、学歴は物凄く正確な判断材料になるのではないでしょうか!?

勿論、学歴だけがすべてではありません。

学歴が低くても、優秀な人間はたくさんいます。

自分が育ってきた環境によって、大学には進学できなかった人もいるだろうし、「自分には学歴は必要ない!!」と言って、進学をしなかった人もいるでしょう。

そのような方たちは、唯一の判断材料となる学歴が低いので、大企業に就職をする時は、必然的に不利になってしまうことは否めません。

精神力を鍛える方法

精神力を鍛えるには、自分にとって嫌なことに立ち向かう必要があります。

しかも、自らが「この壁を乗り越える!!」という意識を持たなければ、絶対に続けていくはできません。

続けている最中も、周りの力は一切借りることができず、自分自身の力で克服をしていかなければならないんです。

先が見えないことにより、物凄く不安になって、孤独感に苛まれ(さいなまれ)ます。

それでも頑張って最後までやり続けることができた時、そのことは自信となって、一回りも二回りも大きく成長することができるんです。

しかし、その反面、万が一乗り越えることが出来なかった時、それは自信喪失に繋がります。

ひどい人になると、精神に支障をきたし、中々立ち直れなくなるというのも精神力です。

精神力を鍛えている最中は、絶対に無理をしてはいけません。

しかし、挑戦したからには、絶対に失敗をしてはいけないものなんです。

例え、結果が思わしくなかった場合でも諦めない限り、絶対に失敗することはありません。

最後の最後に成功を収めていけば良いものなんです。

「勉強しろ!」は逆効果

親が一向に勉強をしない息子に向かって、「勉強しろ!勉強しろ!」と言っても、それは息子のやる気を疎外するだけで、決して良い方向には向かいません。

そのことが、息子の勉強に対するやる気の無さに拍車をかけることにもなりかねません。

実は、私の母親がそうでした。

というか、当時はどこの親も「勉強しろ!」は、口癖でした。

そのことが影響をして、私は精神力の重要さに気が付くことに遅れてしまいました。

しかし、遅ればせながらもポジティブに捉えて、現在も一生懸命精神力を鍛える努力をしています。

正直、もっと早くに精神力の重要さに気が付くことができれば、ハッキリ言って人生も全く変わっていたと思います。

そういう意味でも、親が子供に真っ先に教えなければならないことは、精神力の重要さだと思います。

成功体験から何から何までうまくいくようになる

精神力を鍛えて、成功体験をすることにより、より強靭な精神力が身に付いていきます。

1つ1つをクリアーしていくことで、さらにより大きな課題にも立ち向かうことができるようになります。

こうして良い連鎖が生まれて何から何までがうまくいくようになっていくんです。

そういう意味で、人生の後半にそのことに気が付いた私からしてみれば、精神力の重要さに気が付くのは早ければ早いに越したことがないということでした。

なので、親は子供に「勉強をしろ!」と言うのではなく、精神力の重要さについて教えてあげる必要があるんです。

これから世の中に進出していく息子に向かって、いくつもの困難が待ち受けていると思います。

そんな息子たちに人生の困難に対する乗り越え方を教えてあげるんです。

勉強は、子供たちが最初に経験をする目の前の困難の1つに過ぎません。

そこで目の前の困難をクリアーすることができれば、後は新たな困難に向かって、さらに精神力を鍛えていけばいいだけです。

困難を乗り越えていく術を鍛えていき、「もうこの世の中で怖いものは無い」くらいに成長できれば、シメタものです。

親が息子に願っていることは、そういうことなのではないでしょうか?

それを「勉強しろ!」と表現することによって、逆効果になってしまっているんです。

親が子供に教えることは目の前の困難を乗り越える

親が子供に教えることは、勉強をすることではなくて、世の中の困難を乗り越えていく術なんです。

その一環として、まずはぶち当たるであろう勉強のやる気を子供が自ら乗り越えようと意識する必要があるんです。

そのことを教えるのに、せいしんりょくの重要さをまずは説明していかなければならないのではないかと思います。

子供がせいしんりょくを身に付ける最初のチャンスが勉強なのではないか?

と思います。

親は、せいしんりょくの重要性を知っている親もいれば、知らない親もいるのではないでしょうか?

知っている親ならば、すぐそばにその重要性を教えてくれる人がいるので、子供自身もうまいことせいしんりょくの重要さを身に付けることができるのではないかと思います。

しかし、その重要さを知らない親に育てられた場合、子供自らが気が付いて、せいしんりょくの重要さに気が付くことは、中々難しいことだと思います。

だったら、どうすれば子供が自ら勉強をしてくれるようになるかというと、私は集中力が持続する勉強椅子を買ってあげることが、一番の得策ではないかと考えます。